設備内容equipment

設備内容

各種加工に用いる機械をご紹介いたします。
切削加工には各種フライス盤・旋盤やボール盤といった一般的な設備からマシニングセンタなどのNC工作機械、
ターニングセンタなどの複合加工機まで揃え、多種多様な加工を得意としております。
検査設備としては画像寸法測定器や三次元測定機などを保有しており正確な検査を行っています。

  • 各種機械加工
  • 検査機1
  • 検査機2
  • 樹脂加工
  • 精密板金

旋盤(丸モノ形状)

工作機械の中で数多く用いられている代表的な機種の一つで、一般に円筒または円盤状の工作物を回転させて加工する機械です。

フライス盤(角モノ形状)

工作機械の中で数多く用いられている代表的な機種の一つで、フライス工具と呼ばれる工具を回転させ平面、曲面、みぞなどを加工する機械です。

ボール盤

ドリル工具を回転させて穴あけ加工を行う機械で、リーマ仕上げ、ねじ立てなどの加工を行うことができます。

中ぐり盤

ドリル工具などであけられた穴の内面を、より精度よく決められた大きさに加工する機械です。

歯切り盤

ホブカッタ、ピニオンカッタ、ラックカッタと呼ばれる工具を用いて歯切り加工をする機械です。

マシニングセンタ

多種類の加工を連続で行えるNC工作機械で、それぞれの加工に必要な工具を自動で交換できる機能を備えています。機械の軸構成によって横形、立て形、門形など各種のマシニングセンタが使われています。直交3軸と旋回2軸とを同時に制御することで、更なる複雑形状の加工を可能にする「5軸制御マシニングセンタ」の取り扱いもございます。

ターニングセンタ

多旋盤を複合化したNC工作機械です。NC旋盤の機能をより高め、多くの工具を備え、旋削加工の他に工具を自動で交換できる回転工具主軸を持ち、フライス削り、穴あけ等の加工も行うことができます。

放電加工機

電気による放電エネルギーを利用して加工を行う機械です。レーザのエネルギーを利用して切断、穴あけなどをする「レーザ加工機」や、工作物と超音波で振動する工具との間に粒や加工液を入れ、工具を工作物に押し付けながら除去加工する「超音波加工機」などを含め、特殊加工機も一部取り扱っています。

画像寸法測定器

画像寸法測定器とは対象を画像として測定、その後に二値化変換することで寸法を求める機械です。

三次元測定機

部品の形状をデータ上で立体的にとらえて様々な測定をおこなうのが三次元測定機です。一般的に使われているノギスやマイクロメーターの様な2点間の距離しか測れないものとは異なり、三次元測定機では平面度や円筒度、真円度等も測定可能です。

新規部品製造・加工のご相談 / 資材調達に関するご協力 / その他お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
075-934-0630

取り扱い品目・設備内容

お問い合わせ・お見積り

075-934-0630

075-934-4050

お問い合わせ